国民健康保険料や国民年金保険料などを滞納や延滞をしたらどうなるの?

滞納を続けると段階的に保障が制限されていきます。

国民健康保険は、日本の社会保障制度の1つで、国民健康保険の加入者が病気やケガ、出産、死亡した場合に、必要な医療費が保険料から支払われる制度です。
また、国民健康保険は各市区町村が運営しており、加入や脱退などの手続きは住所登録のある市区町村役場で行います。
滞納や延滞を続けると督促状が届き、それらを無視し続けると差押さえにあう可能性があります。


国民健康保険料の支払いにも使える便利なローンはこちら

短期被保険者証とは?
国民健康保険料(保険税)を滞納した場合に、通常の保険証の代わりに交付される有効期間が1~6ヶ月と短い保険証のことです。

被保険者資格証明書とは?
保険料(保険税)の滞納が続いた場合にとられる措置です。 通常、医療費の自己負担は3割ですが、資格証明書を受けた方は窓口では10割負担になります。

保険料を滞納しており支払能力があるのであればすぐに支払いましょう。

税金の完納にはこちらが便利かも!?

国民健康保険料の支払いに使える便利な不動産担保ローン

きっと役立つ便利なローン

税金の支払いに困ったときには低金利の不動産担保ローンが便利です!

ご存知でしたか?担保物件は
ご本人さま以外の名義でもOKなんです!

 審査時間は最短当日3時間 お振込みまで最短10分 
 限度額は最高5億円 返済期間は最短35年 利率は4.00%~

ただいま無料相談受付中! 詳細はこちらです

国民年金とは?

国民年金制度について

国民年金は、日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入して、社会全体で支え合う公的な制度です。
現役時代に被保険者として加入して、月々の保険料を納めることにより、将来、自分自身の生活を保障する年金を、生涯にわたって受け取ることが出来ます。

第1被保険者
20歳以上60歳未満の自営業、農林漁業、自由業、フリーター、学生、無職の人など

第2被保険者
厚生年金や共済組合などに加入している会社員、公務員など

第3被保険者
20歳以上60歳未満の厚生年金や共済組合の加入者に扶養されている妻(夫)

Copyright(c) 2016 国民年金や国民健康保険料を滞納すると? All Rights Reserved.